AGPTEK R09(4)

AGPTEK R09のMP3再生機能について書きます。

前回書いたように,MP3もモノラル再生です。機体のイヤホン端子はステレオなのに,この点が惜しいところです。

なので,私は高音質のモノラルイヤホンに「ステレオ→モノラル変換アダプター」を装着してイヤホンジャックに接続することで対応しています。(私じしんの加齢が一番の原因でしょうが ^^; 最近,両耳をイヤホンでふさいで道を歩くと,少し危なさを感じるようになりました…。)

操作はシンプルで,高度な機能はない。

そして。人によってはさらに残念に感じるかたがあるかもしれませんが,MP3タグの表示,ランダム再生やフォルダ内リピートとか,そういった機能はありません。R09にはデジタルなディスプレイがないので,まぁ致しかたありません。

|◀◀ 前の曲。長押しで再生中の曲を巻き戻し

▶|| 再生/一時停止。長押しで1曲のリピート/全曲のループ再生切り替え

▶▶| 次の曲。長押しで再生中の曲を早送り

この点,かつてのカセットテープレコーダーの操作感に似ていると感じます。microSDカードは64GBまで対応しているようですが,実際に音楽を楽しむぶんにはそこまでの容量はいらないんじゃないの?と思います。場合によっては目当ての曲を聞くために,ひたすら |◀◀ や ▶▶| を押し続けることになります。

機体の裏面には “AGPTEK R09 DSP full band radio” と表記されています。あくまでもラジオがメインの機能なんだということなのでしょう。

USBメモリ内のMP3再生について

機体上面にUSBスロットがあり,USBメモリを挿して,メモリ内のMP3を再生することができます。但し,microSDカードを挿した状態でUSBメモリをしても切り替わること

f:id:noisycembalo:20171203074228j:plain

はありません。どちらかのみを挿して聞くことになります。

なお,R09に録音機能は一切ありません。これは妥当な仕様だと思います。というのは,仮にあったとしても,DEGEN DE1127/DE1131のようにFM録音にノイズが乗ってしまうなど,ろくなものにならなかっただろうと思うからです。

短波放送が聞けるというのが珍しい。ポケットラジオとしては十分な感度だと思います。機体はでかいが,携帯できないほどではない。今の季節ならジャンパーやコートのポケットには収まります。録音機能はないが,ラジオに飽きたらMP3⇔MP3に飽きたらラジオ…という使い方ができるので,けっこう使えると思います。LEDライトも意外なときに便利さを発揮するかもしれません。

AGPTEK R09については,今回で締めくくります。