TECSUN PL-380(≒AudioComm RAD-S800N)再購入

f:id:noisycembalo:20150523124040j:plain
音量調節が故障し、その後処分してしまった AudioComm RAD-S800N(≒TECSUN PL-380)を再度購入しました。

RAD-S800N は日本向けの OEM 品で、一部機能が削られています。充電機能がないのには不満だったので、今回は本家 TECSUN PL-380 を買いました。
以前、購入を検討していた方からこのブログにコメントをいただき、コメントのやり取りをしたことがありました。

使用感は RAD-S800N と同じです。まぁ、当たり前といえばそうなのですが...。削られてる機能(電池充電機能、温度表示機能)がちゃんとあるのは、やはり安心感があります。
充電できるのはポイント高いです。
ただ、USBのコネクタが mini-B なのが時代遅れになりつつある?大きい家電量販店でやっとケーブルを見つけたので。

前機の場合、電源を切ってもスピーカーから微かに「サー」という音が聞こえていました(汗)。今回はそういう症状はありません。
さぁ、満を持して使い倒すぞと思いました。

...ところがやっぱり。
今回は、携行時の誤作動を防ぐための HOLD ボタンが効かないのです。(付記:さらに...目覚ましタイマーも怪しいっぽい。逆の機能である自動OFFは問題ありませんでした)もう泣こごたるばい(笑)

受信性能に影響する不具合ではないし、交換を求めたとして、またどこかおかしかったりするのもやだなと思ったので、目をつぶることにしました。
こういうところがやはり「中華品質」なのか。。。

ですが、受信性能はいいほうだと思います。
DSPラジオの場合、中波の遠距離受信は不向きですが、これはなかなか頑張っているほうだと感じます。
FM は感度が高めで、(今年はまだ出くわしていないですが)Eスポ受信にはそこそこ力を発揮できそう。
短波はやはり、ラジオ日経や主要な海外日本語放送、大電力局を聞くのに最適でしょう。場合によって帯域幅を絞ると聞きやすくなります。

HOLD ボタンが効かないので、誤作動防止に100均で電子手帳用のソフトケースを買い、その中に入れて携行しています。帰省や旅行にはしばらく本機をメインに使おうと思います。

TECSUNのDSPラジオでは、以前、PL-505を購入して使ってました。こいつの場合は、電源ボタンが動作しなくなりました。たぶん、修理技術があれば直せる程度の故障だと推測しますが。
DSPな機種では、そういう故障は今のところ起きていません。
性能じたいはそこそこ良いのに、こんなところが中華ラジオ、惜しいです。