Panasonic RR-RS150


コジマ NEW 八幡店で購入。私の2代目・ラジオレコーダーとなった。
先代だった SANYO ICR-RS110MF (=以下「先代」と略)と比べると:

  • 本体が大きくて厚め。「何かのリモコンか?」と思うくらい。このぐらいの大きさの方が扱いやすく感じる。
  • ラジオの感度はどちらも変わらないと思う。RR-RS150 は,FM のステレオ受信が安定していて,先代のように録音時によけいなノイズが入ることもない(※あくまで私の使用環境では,ということで…)。
  • 予約録音が20件まで設定できるのも変わらない。ただ,先代が録音先フォルダが5つだったのに対し,RR-RS150は20個のフォルダがあり,番組別にフォルダを割り当てることができるのも良いと思う。
  • ICレコーダーとしての機能も先代より多機能だと思うので,いろいろと使えそう。

残念なところは。。。

大好きな(w)ニッケル水素(NiMH)電池が使えるのはいいが,同梱されている電池以外は,たとえニッケル水素電池であっても本機で充電ができない。なんでこんな仕様にしたのか分からない。
おそらく,本機を使わない時はクレードルに挿しっぱなしにしておくので,「メモリー効果」は考えなくていいんじゃね?とか考えたのかもしれないが,パナには EVOLTA が,三洋(子会社)には eneloop があるじゃないか。どちらもニッケル水素電池としてはメジャーに知られていて,お店で買いやすいのもこの二つだ。その充電ができないとはどういうことかと思う。


ともあれ,ラジオレコーダー復活(w)。RR-RS150 は本体だけのバラ売りはどうもやっていないようなので,今度はなくすことのないように大事に使おう (~_~;) 。