読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONY SRF-18

(画像は後日アップします)先日,デオデオ小倉本店で買った。3480円。
どうやら新製品のよう。売り場には白と黒があったが,周波数表示の文字の書体がカッコいいと思った黒を買った。
ポータブルのこの大きさにしては,受信性能がじつにいい。FM はステレオモードで受信するので,ちょっと遠くの局もかなりノイズが入るものの,捕まえる。今度アンテナ線をぐるぐる巻きつけてみようかな。
お昼前に NHK-FM の「音の風景」をこれで聞いたが,なかなか臨場感があった。(というか,「音の風景」自体,録音の質がかなり高いように思う。どんな機材使ってんだろう?恐るべし「音の風景」。。。)


FM 以上に AM の受信性能が意外に良くて驚く。夜間にチューニングを回すといろんな局が引っかかる。これがアナログチューニングの楽しいところ。この「引っかかり具合」の良さは,ポケットラジオとは違う。
今,韓国の HLKX (FEBC/極東放送,1188kHz)を聞いているところ。さっきまで牧師の説教が放送されていたが,力強く情熱的な説教で,聞いている私も(言葉は少ししか分からないが)テンションが上がってきた(w)。
中国国際放送(1044kHz)や,HLAZ/FEBC(1566kHz)は言うまでもないが,地元のNHK第一と隣接する Radio Mayak(ロシア,549kHz)も混信せずに聞こえる。ループアンテナと合わせれば,ちょっとした遠距離受信もイケるのではないかと思わせる。


このラジオの売りは音声入力/出力端子が付いてて,モバイルスピーカーとしても使える点らしい。試しに CD プレーヤーにもつないでみた。音はさすがに痩せている。しかし,ラジオとしては「使う喜び」を感じさせるブツだと思う。
うーん,もともと力量あるんだから,日本メーカー,もうちょっとラジオにリキ入れてほしい(w)。