読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育的指導

先日,仕事の所用で役所に行く機会があった。そのときに対応されたかたが,さわやかな坊主頭だったので,私は「あっ!坊主頭もいいなぁ」と極めて率直に,直感的に思った。
それから先週末までのあいだずっと,坊主頭にしようとの思いが募り,土曜日に思い切って坊主頭にした。


今日は週明けで出勤したところ,当たり前の話だが,かなり驚かれた。それだけではない,早速,部長から教育的指導を受ける羽目になってしまった。「髪型と服が合っていない。それでは“怪しい人”だ」。「(見た目が)怖いという苦情が出ている」。そのような「指導」をうけるなどとは予想もしていなかったので,けっこう落ち込んでしまった。


まあ,部長の言ももっともではあった。「苦情が出ている」と言われれば,しまったと思う。さらに「上司からの指導」の形でそう言われると(ある意味,陰口を聞いてしまうよりも)かなりキツイ。
仕事上のいろんなもやもやを吹き飛ばすべく,心機一転のつもりで坊主頭にしたつもりだが,私はいつも,身なりのことでは「なんかうまくいかない」。洒落者になろうとはほとんど思わないし,長続きしない。しかし,ある時不意に,年齢のことも考えずに,自分のなかのパンキッシュな?(←良く言うよ!)部分が,吹きこぼれてしまうというか何というか。いやはや。。。
でもやっちゃったことはやっちゃったこと。今年後半はこれで行く。