今月読んだ本-2011.05

かがみふみを 《ちまちま》(2006年,双葉社

高校生の真由ちゃんと黒川くん。恋愛初心者の二人のドキドキ・ハラハラな様子がたまらなく良い。
大人でも告白するには勇気がいるし,互いのあいだに恋愛が位置づくには相応の時間が必要だが,いろいろ「よけいな」こと(「生活という“うすのろ”*1」って奴。あと,お互いにある種の冷ややかさが避けられなくなる)がついてまわるようになる。真由ちゃんと黒川くんのドキドキを味わおうと思っても,二人のようなこの初々しさは,もはや味わえない。あぁ,帰らざる日々。。。(w)

*1:佐野元春《情けない週末》。