読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事異動

この度,人事異動があり,新しい部署に配属となった。
惜しむらくは,前部署の引継ぎに充分な時間がとれず,後任の方に半分以上「丸投げ」となってしまったこと。引継ぎの時間が正味一週間もなかったからなぁ。。。その辺もうちょっとどうにかならなかったものかと思う。


それはともかく,よりによって,自分がいちばん「向いてなさそう」と思っていた部署の一員となったが,「これまでの経験を見込んで」ということもあったようだ。これはお受けしないわけにはいかなかった。
新しい上司からは「これまでの仕事が『基礎』だったとすれば,これからの業務はその応用と思って下さい」との言葉を頂いた。
「応用」かぁ…。そう考えると何とかやっていけそうな気持ちになるので,不思議だ。
(最近はどうなのか知らないが)ラジオの語学講座だって「入門編」と「応用編」に分かれている。語学に関しては未だにビギナーな私なので恥ずかしいのだが,「応用」という言葉にはとても魅力を感じる。応用ができてなんぼなのだし,ね。


今までの部署にしても「福祉」の枠には収まらないようなことをやらねばならない局面が多々あったが,これからの部署では,そういう局面がさらに増えるだろう。もちろん,必要とされる知識や技術(「スキル」という言葉,私は嫌いです。)そして何より,求められる「人としての器量」もより広く,大きなものを求められることだろう。


不安は感じない。これは良くも悪くも私の「鈍感さ」に起因するところが大きいだろうが,やっていくうちに「じつは自分にいちばん合っていた」ということだって,これから先,起こるかもしれない。がんばれ自分(w)!