読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅野から戸畑へ

相変わらず昼間は暑い。外に出たほうがましだと思って,D48Lを連れて海辺に行く。
家から一番近い海といえば,浅野近辺の北九州港。FMを探ってみたが,韓国のFMは聞こえず,近隣局のイメージ混信っぽい電波ばかり。そこで,199号線沿いに戸畑渡場を目指した。


戸畑渡場では 103.7/105.9/106.9MHz で韓国FMが入感。当たりが少なかったのは,Eスポの時期を過ぎているせいもあるだろうか。しばらく中波を探ってみた。17時過ぎに朝鮮の声放送(621kHz)の日本語放送が意外にはっきり聞こえたが,やはり短波ほどではない。
D48Lをずっと使ってみて感じるのは,中波・短波に関しては感度が抑えめ。地元局や電波の強い局はわりとしっかり捕まえ,混信も抑えるが,そうでない電波は回路の方でカット(?)してしまう印象を受ける。これがDSPラジオ全般に当てはまることなのかどうかは分からないけれど,特に中波の,夜の遠距離受信には使えない。


洞海湾の波を眺めながら,波を捕まえる。あぁ,気持ちが落ち着くね。
「♪あなたが“自分を取り戻しに行く”と/出かけた想い出の地にも海は拡がり*1」。。。
戸畑渡場は,私の「パワースポット」なのかもしれない。


次の土曜には下関に行くので,また海辺でラジオを聞こう。DE1103を持って行こうか,それともRP300をメインにして,D48LあるいはER-21Tをサブにするか?うーん,悩むわい。。。

*1:浜崎あゆみ《Far Away》の一節。「海」はおそらく洞海湾のような場所ではないと思うが。