読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今月聴いたCD-2010.07

TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS 《LET ME UP(I'VE HAD ENOUGH)》 (1987年,MCA/ワーナー・パイオニア,32XD-731)

これを初めて聞いたのが,大学に入って最初の夏休みだった。値段の安い輸入盤のカセットだった。その年の夏もなかなか暑く,冷房のない4畳半の下宿で毎日聴いていた。


…23年ぶりかい。23年後も冷房のないアパートで聴こうとは。。。


冒頭の,ノリは良いが暑苦しい《JAMMIN'ME》!脳裏に一気によみがえる,18歳の夏っ!(w)下宿の共用の洗濯機は二槽式だったっけ。
2曲目の《RUNAWAY TRAIN》(歌詞カードでは「暴走列車」と訳されている)を聴いてると,あのころ「こうなりたい」と思っていたことがいっぱいあったけど,その何れも果たせず,「ああ,23年,なんだか遠いところに来てしまったなぁ。。。」と,思わず涙が出てきてしまったよ。ギターが泣かせる。
暴走列車に乗って23年。。。あんまりシャレになりませんな。

k.d.lang and the reclines 《Angel With A Lariat》 (1987年,SIRE,9 25441-2)

うって変わって。これは確か k.d.lang さんのメジャー・デビュー・アルバムだったと記憶しているのだけど。これも1987年なのかぁ。当時は彼女を知らず,初めて聴く(聴いたのは《all you can eat》)までに10年かかっております。
k.d.さん,やっぱりいいわー。歌声がいい。バンドの演奏もいい具合の弾けっぷりで,気持ちがいい。