寝すぎては疲れが取れない


この3連休のうち,中一日を除いて休みだったが,初日は終日ごろ寝のありさま。
いわゆるオヤジの休日の定番の過ごし方の一つは「テレビの前でごろ寝」だと思うが,それもすでに時代がかった紋切り型のような気がする。せいぜいバブル期までの。今は違うのではなかろうか?


ごろ寝して学習したこと。「寝すぎたら逆に疲れる」ということである。重たい気分が抜けないし,時間がすぎるのもじつにもったいない。夜寝るのも遅くなってしまう。。。このループになってしまう。
なので,今日は近所の河原まで散歩に行き,洗濯と,部屋と流しの掃除もやった。やはりそれなりに体を動かしたほうが良いようである。気分よく夜を迎えることができた。


休み明け。明日から週末までは波乱含みの一週間になりそうだ。
ラジオを聞いていたら,ある社長さんへのインタビューをやっていた。その社長さんは毎日「今日も楽しい!最高!面白い!」と,起き抜けに声に出して言うそうだ。
私のこの仕事,「楽しい!最高!面白い!」とは行かないことが多く,最近では相手が絶不調に陥ってるケースが増えてきてるし,どんでん返しやきつきつの予定,そんなことだらけである。


それでもこの言葉を唱えてみることに効果はあるのかな?やってみようか??