SONY ICF-610R


久しぶりにラジオについて。9月に三萩野の三親無線という電気店で偶然見つけて即買いしたカード型ラジオである。
カード型ラジオって最近見かけない。以前は景品やノベルティでたまに見かけたけど。この機種も調べてみると1993年発売のもの(しかも今では珍しい MADE IN JAPAN)で,既に現行機種ではない。
小さいものだから,感度もそれほど良くないかもと思っていたら,さにあらず。予想以上に良くて驚いた。
夜になれば,540kHzの地元のNHK第1(北九州)と549kHzのRadio Mayak(ロシア)が混信せずに聞こえるし,中国国際放送の日本語放送(1044kHz)など大きい出力の局も意外によく聞こえる。小さい割にはそこそこ感度がいいので,中をこじ開けてみたくなるが,コワいからそこまではやらない(w)。最近はいつも肌身離さず持ち歩くラジオとなった。胸ポケットに入れて通勤のお供にちょうど良い。
帰りが遅くなって,バスやモノレールのタイミングが良くなくて,徒歩(ちなみに片道1時間45分だよ。。。)で帰るときに聴くラジオっていいんだなぁ。疲れが軽減されるような気がして。