手乗りラジオ:ELPA EL-20T

先日,仕事で黒崎に行った際に,TVのアンテナ線を買う必要が出てきた。そのとき飛び込んだディスカウント・スーパーで発見。売価は1880円。仕事中に私物の買い物をするわけにはいかなかったので,日を改めて購入。


同調はアナログ指針式。FMと中波の周波数表示はほぼ妥当な線いってるが,短波帯でズレが見られるのが残念。このあたり,RAD-S312N とどっこいどっこいだろうか。
RAD-S312N と比較して:FMの感度はやや落ちる。中波は互角。短波の感度は落ちるうえに,チューニングの安定性がよくないように感じる。ただ,DEGEN DE208 のように失望感を感じるほどではない。
音質は硬く,本機で FM を聞くのは苦しいが,中波の地元局を聴くのにはちょうどいい感じ。私が子どもの頃に親しんだ,ポケットサイズのトランジスタラジオの音を思い出させる。
(※ウェブ上では,周波数デジタル表示式の EL-21T に人気があるようだが,安価な「ホームセンター・ラジオ」を追うのは,今回でひとまず止めておく。)