読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青い金曜日

「ブルー・マンデー」という言葉があるが,月曜日の私はむしろ平静だ。私にとっては金曜日が一番しんどい。
「今日のうちに先方に電話かけて,話をしとかないと,来週の話になるよ!今日中に話,しといて!」
電話をかける先は役所関係もしょっちゅうだし,そう言われることはとりたてて「理不尽」なことでもなんでもない。それは私もよく承知している。それでも,私には金曜日のこの「追い込み感」「追い込まれ感」が苦しいのだ。


普通なら,「明日は休みだ!よし頑張ろう!」と活を入れるところが,逆に「今週もどんづまりの日が来てしまった!」という気持ちになってしまって,楽しくもなんともない。
家に帰り着いて初めて,「あーっ!明日って休みなんだ」という気持ちになる。
いつも「選択肢を複数考えながら仕事しなさい」と言われているが,その「複数」がどういうことなのかよく考える余裕がない。
予定を立てておいても,その予定がぶちこわしになってしまうことも「当たり前」。
予定や計画をうまく組み立てることが出来ない。
私にとってひとつひとつの仕事は構造やマトリックスのようなもので整理できるものではなくて,なにか粘着質のようなものに思える。仕事全体はまるで「頑固な油汚れ」みたいなものになってくる。こんな感覚はいままで経験したことがない。


などとぐだぐだ言ってても,やっと休日がやってくる。「やれやれ,今週もよく生きてこれた」と自分をねぎらおう。