よどんでいた物を

不要になった本などを売りに出した。読むつもりで買っていながら,そのままずっと手つかずになっていたものだった。
予想以上の買値(6700円)になり,まあこれで給料日までは首がつながった(w)。


本を売りに出すたび,「本を読めば読むほど愚かになる」との言葉を思い出す。かつて毛沢東が言った言葉らしい。
このところまともに本を読んでいない。読んでみても,その感想を言葉にしようとすると,自分が余りにも稚拙であることを思い知らされる。部屋の中にある本は,そのまま私じしんの「よどみ」を表しているかのようだ。
よどみはそのままにしているとよくない。「流れのない水は腐る」ともいう。ならば少しでも流れをつくる必要があった。
部屋の整理は遅々として進んでいないが,きょう,少しは流れをつくれたのではないか。もう一息。