読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手乗りラジオ ANJAN A-1231

DEGEN DE1103 については昨日述べた。こいつを手にしてから,自分の少年時の「ラジオ熱」が再燃してしまったのだった。
こんどは「手乗り」な短波ラジオが欲しい!と思い,DE1103 を買ったワールド無線さんから購入した。
かなり迷ったが,小さくて,あえて注目度が低そうなものにしようと思い,ANJAN A-1231(深圳市科巨電子有限公司・製)にした。
私がポケットラジオとして愛用しているソニー ICF-50V とほぼ同じ大きさで「おおっ!小さい!」と期待に胸が弾んだ。
短波の感度は,ポケットラジオとしては妥当。近隣局や大電力局はよく入る。FMもよし。FM-KITAQ や下関のカモンFMも問題なく受信。


ところが。中波の感度が悪い。地元局を聞いてても「サー」というノイズが入り,聴いててイライラしそうになる。めったに聴かないが,NHK北九州第2(1602kHz)の受信に至っては,聞くに堪えない感度の悪さを露呈している。中波さえクリアに聴ければ,「おおぅ!かわいい奴じゃのう」だったのだが。これでは落第点をつけざるを得ない。
さらに言えば、時計機能がついてるのはいいのだが、ポケットに入れてるうちにリセットされてしまったり、時間がおかしくなってたりする。何らかの「HOLD」機能が欲しかった。


まぁ,いくつか狙っている機種があるので,またの機会を待つこととしよう。
つぎはどんな機種にしようか。wkwk。。。