読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今月読んだ本-2009.02〜03

杉山登志郎発達障害の子どもたち》(2007年,講談社現代新書)と堤未果《ルポ 貧困大国アメリカ》(2008年,岩波新書)の2冊。
感想は省略。《発達障害の子どもたち》は久しぶりに色鉛筆で線を引きながら読んだ。


職場の先輩から薦められて《チーム・バチスタの栄光》(宝島社文庫・上下巻)に挑戦したものの,ストーリーのテンポについていけず,途中で読むのを断念した。
主人公の外れた感じに好感が持てなかったというか。テンポが速くてついていけないというか。読んでいて途中で疲れてしまったのだった。(ただ,映像化には向いてそうな感じはした。)


あー,私はやっぱ,ミステリーは苦手なのかな。。。薦めてくれた方,本当にごめんなさい。