映画と写真展

久しぶりに時間がとれたので,映画と写真展とを観に,福岡まで行ってきました。

ドキュメンタリー映画 《靖国》 (シネテリエ天神

靖国神社がなぜ問題になっているのか?ナレーションは一切なしで,観る人に「自分で知り,考えていく」ことを促させる映画。私自身もまだまだ知らないことがたくさんあると思ったし,登場する人々の行動が,言葉が,生々しく,重みをもって迫る。これは,機会があったら絶対観るべき。観ることができてよかった。

梅佳代スーパーシャッターチャンス祭り in FUKUOKA (天神イムズ)

梅佳代さんのことを新聞で知って,「どんな写真を撮るひとなんだろう?」と興味がわいてきて。
あるタウン誌では「日常を狩る写真家」と紹介されてたけど,やはり着眼点が違うなぁ。
ふつうの人には,梅さんのような瞬間の捉え方は難しいんじゃないかと感じた。
帰りに丸善に寄って,写真集をひととおり眺めたけど,魅力のある*1写真を撮るひとだと感じた。いつか写真集を買おう。


たまに福岡に行くのは,楽しいです。私にとっては小旅行のようなもので。北九州では観られる機会のないイベントや映画もあるし。さすがに毎月はキビシイけど,2ヶ月に1回は行けるようになれたらいいなと思います。


## コンビニの時給が北九州よりも30~60円高い!うらやましい(泣)。昼間の時間帯でも700~720円というのは,北九州では考えられない時給。福岡だとこのぐらいの額で設定しないとキビシイんだろうな(でも,それでも人が集まらないのかもしれない)。。。一瞬「福岡に引越そうか」などと,思ってしまいました。

(08.08.14 記)

*1:「あー,こんな光景ってあるある」って要素もあるのだけど,でも「ありふれた」ものではない感じもある。。。そんな感じかな?