その日まで休みはなし。

夜勤明け。そのまま起きていようと思ったが,眠いのには勝てず,家に帰って寝てしまう。早朝+夕方に加え,夜勤に出る日が加わって,生活がかなり不規則だ。それでも「閉店までの辛抱」という頭があるからなんとか頑張れる。


お盆を過ぎれば,次第に大詰めを迎えていくが,ここにきてさらに!店長が出勤しなくなってしまい,極限の人員でお店を回している状況。誰もが「休みはいつ?」というほどにびっしり組まれたシフト表を見て,「もうこれは笑っちゃうね」ははははは…な状態で。私も閉店のその日まで休日はない。


裏の控え室で雑談してても愚痴もどんどん出てくる。出ないほうがおかしい。こうなると,愚痴ることはむしろ必要なことで。いまはそれをみんなが積極的な方向に作用させようとしているので,湿っぽい感じはない。
いま居る者たちだけで,閉店の日までなんとかしていって,すこしでもよい終わりを迎えること。それが私たちの職場のただひとつの課題なのだと思う。