今月聴いたCD-2007.07

ピチカート・ファイヴ 《 singles;pizzicato five in triad & readymade years 》(2001年,日本コロムビア,COCP-50631~2)

前回聴いて,気になってしまったので,今回はシングル曲集を借りて聴いた.
野宮さんのヴォーカルって,いい!声がクールというか,知的な雰囲気をもっているというか,そんな感じ.言葉がはっきり聞こえる.
《スウィート・ソウル・レヴュー》や《東京は夜の七時》など,おなじみの曲もさることながら,私が気に入ったのは Disc a だと《スーパースター》,《悲しい歌》,《モナムール東京》.Disc b では《ダーリン・ディスコティック》(←リピートで延々とかけていると不思議と盛り上がる),《パーフェクト・ワールド》あたり.


最近,ROCK な曲を聴くと,疲れてしまう.チェケラッチョな曲になると,なおさらで.
P5 のようなポップな曲を静かに聴いているのが,いまの自分の状態にあっているような気がしている.
一方で,ロック流入以前の日本の歌謡曲,とくに戦前から戦後しばらくのものを,聴きたいと思うことがあって,藤山一郎さんとか,笠置シヅ子*1さんとか,すごい興味がある.

*1:名前が思い出せないが,外国の DJ に彼女の大ファンという人がいるらしい.