佐藤卓「日常のデザイン」展

せっかくの遠出なので、イムズで開かれている*1佐藤卓「日常のデザイン」展を観る。


この催しも新聞で知った。様々な商品デザインを手掛けている方で、「あっ、そういえばこんな商品もあったな」という発見も多々あり。
それ以上に、作品のひとつひとつに付された解説が興味深かった。商品そのもののコンセプトに止まらず、それが使用される場の状況や環境など、細部まで考えぬいた末にデザインがモノとしての形を現すのだなと思った。非常に刺激になった展示。

遠出の反省と教訓

やはり夜勤明け同然の状態で遠出するのはちょっと無謀だった。寝過ごしたため、弁当づくりができず、電車に乗れば、雨のために途中で運行が乱れ、途中下車してタクシーを使うはめになってしまった。結局出費がかさみ、窮。。。貧乏人の遠出は周到でなければならぬ。


じつは来月も福岡に用事なのだ。次回からもっと気を配って遠出しよう。

*1:4月15日まで。