'06年を終えるにあたって

この1年も、なかなか起伏に富んだ年だった。春までは職場の中の人間関係に悩むことが多く、仕事の上でも失敗が重なってしまった。それからなんとか抜け出せたと感じるようになったのは、本当につい最近だった。


コンビニ勤務3年目というのを、私はかなり意識していて、今までさせてもらえなかったことを*1させてもらえるようになろうと、しゃかりきになっていたのだが、なかなか OK はもらえず、あせりや失敗が重なっていき、さらに落ち込むことを繰り返してきてしまった。
なんだかんだ言ったところで、このお店の中で、一番発言権があるのは〈発注に関わってる人たち=数字を語れる人たち〉であることは動かない現実だろう。その一員に私もなりたかったと考えていた。振り返ると、私の性格からするといちばん似合わない、野心的(?)なことを思いつめてきていたのが、今年の春くらいまでの、私の状態だったように思う。


それから変わりはじめたのは、やはり夏だったと思う。「このままだと自分が潰れてしまう」と感じて、講じた策が〈節労〉*2であった。半日以上職場に入り浸ってあれもこれもやる…という〈お店の主(ぬし)〉的な立ち回りかた*3をやめた。
そうするとどうだろう。なんとかダウンすることもなく、夏を乗り切ることができた。店長から〈都合のいい人〉扱いされて、使い回されることも減った。そうなってくると、必要以上に自分をよく見せようと思いつめることもなくなった。
身の程を知って、肩の力を抜いて、お店に関わっていこうという方向性が見えてきたような気がする。
あるいは身の程を知ることで、実はかえって自信がついてきたのかな?と思うこともある。


9月からは、早朝の時間帯に新人さんが入るようになり、1日2度出勤も多少緩和されるようになった。そうなってからは、仕事以外の領域にももっと積極的になろうと考えるようになったが、こんどは収入減に直面している。当分は月収9万円台で推移していくだろう。収入の確保を考えると、仕事以外の領域にそう時間を割いてもいられないというディレンマがある。しかしながら、それでも、仕事以外の領域にももっと飛び出していきたいと思う。


先のことはわからないが、さしあたっての課題としては、早くて来月末までには引越しをしなければならない。
環境も変わるし、職場の状況も変わっていく。走りながら考えるか、考えながら走るか。どっちも今まで以上に必要だ。←でも焦っちゃだめ ♥


#ついに部屋の掃除、年内に終わらず(爆)。物に埋もれて新年を迎えることになってしまった(泣)。。。

*1:端的には発注業務。

*2:参照→ id:noisycembalo:20060713

*3:例えば→ id:noisycembalo:20060216 とか。