最近、お酒がなんとなく。。。

この1週間ほど、お酒を飲む機会がけっこうあった。
久しぶりに会う人たちと近況を話し合ったり、後輩の若い人たちと明け方まで話し込んだりと、日頃そのような機会に乏しい私には、じつにうれしいことだった。
いやぁ、でも後輩の男の子には、「女性とずっとつきあっていくことってのは、通念的にはよ、結局、自分が稼げるかどうか/メシを食わしてけるかどうかってことやん」などと、自虐なことをぐちぐちとしゃべってしまっていた。あー、情けない。。。でも彼とは、これからの時代、男も女もシングルがどんどん増えるだろうね、という点では一致したのだった。


こんなふうに話をしながら/聞きながら飲むのはいいなと、あらためて思うのだが、だがしかし。
最近、以前に比べるとあまり飲めなくなっているのを感じる。酔いがまわりにくくなってるというか。
また、ビール/発泡酒があまりおいしいとは感じなくなっている。ノンアルコールビールか、焼酎(甲類)を口にすることが多い。体質が変わってきてるのか?あるいは、何かの異変の前ぶれか(汗)???
やめたという自覚はないが、たばこのほうは、一番最近から数えて7ヶ月口にしていない。最近では口にするのがいやになっている。


お酒のほうはというと、何かと理由付けをしてしまって、結局口にしてしまっていまに至っているが、最近のこの感じは、もしかするとからだが嫌がってるサインを出しているのかもしれない。〈寝酒〉として飲んでも、変な時間に目が覚めた上に、気分は最悪だし、最近ではカモミールを飲んだり、寝る前にラベンダーのお香を焚いたりしたほうが、ずっとよく眠れるようになってしまった。