実地で教える

6〜9時の時間帯の新人さんに実地で業務を教える。男の学生さん。レジ業務のときに、手元がおぼつかなく見えるのが気になったが、これは慣れの問題もあるので、もちっと様子をみよう。


早朝3時間は、作業内容が多い。レジはもちろん、商品の補充・検品・品出し、店外の掃除、おでんの補充とつゆの交換…、朝の急ぐお客さんへの応対をしつつ、これらをやり切って昼勤者にバトンタッチしなければならない。早朝シフトの仕事のテーマは〈3時間決戦に勝利せよ〉なのだ(w)。
願わくは、彼に位置づいて欲しい。私の職場の場合、早朝シフトに入った人はなぜか長続きしなかったので。私もやっとのことで朝の時間にゆとりがもてると思ったら、また元に戻ったなんてなったら、もう、泣くよ!
とにかく、祈る気持ちで、教えるしかない。


夕方からも新人さん。眼がくりっとした、利発そうな人だ。第一印象は悪くなさそう。
ちょうど台風の圏内に入り出したので、お客さんが少なく、間を持たせるのにちょっと苦労してしまった。
彼女は掛け持ちらしい。掛け持ちでやってくのは大変だけど、彼女にも位置づいて欲しい。