画材を買う

朝勤務のあと、買い物に出かける。
POP 用の画材をまとめ買い。ペーパーセメントの薄め液と、かねてから欲しかったステッドラーの水彩色鉛筆を買う (絵筆と筆洗いも) 。こういうものは、お金があるうちでないと(w)買えない。
書店で《ハチクロ》と《のだめ》の続きと、いま話題らしい《下流社会 (三浦展・著、光文社新書) も買った。いずれ感想はアップしませう。

初めて使う水彩色鉛筆

水彩色鉛筆を早速使う。子供の頃は図工や美術が苦手で、特に水彩画は今でもダメダメ。
でもマーカーだけだとどうしてもいつも一本調子な POP になるんよね〜。そんなわけで、水彩色鉛筆はいつかは手にしたかった画材だった。
大まかに絵を描いて、水を含ませた絵筆を恐る恐る走らせて行くと…、あらあらなにげにイイ感じくない?結構イケるやん…などと思った(w)。本格的に使うならそれなりのテクニックがいるだろうが、はまる画材になりそうだ。
最近、書店で「サインペンで描ける5分間スケッチ」みたいな本をよく見かけるけど、絵の描き方も勉強したいなぁ。。。