訃報ー茨木のり子さん

今日、ウィキペディアのトップページで、詩人の茨木のり子さんの訃報を知った。(2月19日逝去)
私の手元には、思潮社〈現代詩文庫〉版の《茨木のり子詩集》がある。私事になるが、5年前に大きな失恋をしたあと、たまたま手にしたものだ。
その後、彼女の詩の、その言葉のみずみずしさに励まされ、元気づけられる局面が幾度もあった。しかし私は未だに、彼女の詩が〈わかった〉などとはとても言えない、不純な読者の域を出ていないとも思う。
優れた詩は一生かけて読んでいくべきものだと言われるらしい。それでも私は、これから先も折りにふれ、彼女の詩を読み続けていくだろう。