宅配便

宅配便は、おそらくほとんどのコンビニチェーンで取り扱っているサーヴィスだろう。私の職場でも平均して1日1件程度は受け付けているのではないか。



たいていの方は、送る品物をしかるべき紙袋やビニール袋、あるいは段ボール箱に詰めた状態でお持ちになるのだが、時々、品物を裸の状態で持ってこられて「これ、送ってください」と言われることがある。
以前、いきなり裸の状態のCDをそのまま持ってこられて「これ送って」と言われたことがあって、そのお客さんと揉めたことがあった。「送るんか、送れんのか!」と怒鳴られた末に、「じゃあ、うちで何とかします」と、ああでもないこうでもないと考えながら、壊れないように包装して送り出したことがあった。



先々週は若い女性が、百貨店できれいに包装された〈父の日プレゼント〉をそのまま持ってこられた。私は別レジで接客中で、もう1人が受けたのだが、リボンもかかった状態のものをそのまま受けたようだ。その包装の上に直接、宅配便の送り状をベタッと貼り付けるつもりだろうか?私は気になって、外に出た送り主の女性を呼び止め、確認をした。―「そのまま貼り付けて構わない」とのことだった。
しかし、きれいな包装だったのでさすがに気がとがめ、自分の判断でビニール袋に包みごと入れたうえで、自分で段ボール箱を作って荷造りした。…箱といっても、入荷してくるペットボトル飲料や袋菓子の段ボール箱を切りとって作るものだ。「こんなんでいいんだろうか?」と一瞬、迷う。しかし、荷姿を保てる状態で無事に送れるかどうかが大事なので、作る。



今日受けたお客さんは、厚紙 (段ボールではない) の箱に入った瓶詰めの食料品を、そのまま持ってこられた。
「このままでは何ですので、こちらで荷造りをどうにかしましょう」と言って受けたが、元の大きさだと、送り状もきちんと貼れないほど小さな荷物だったので、梱包にかなり手間がかかった。元の荷物にビニール袋をかけ→新聞紙で包み→その上にまたビニールをかけ→また新聞紙で包む→さらに段ボールをぴったりと3重に巻いて、やっと形になった。まるで、入れ子の箱かマトリョーシカだ(w)。



お客さんの側にも何か事情はあるのかも知れない。だが、ほとんどの場合、何も考えずに「店が何とかしてくれるだろう」といった感じで来られる方が多いように思う。
―私が何故そう思うかというと、そういう方に限って、例えば、「済みませんが、もう少しどうにかしていただけないでしょうか?」みたいな問いかけやお願いの言葉もなく、ただ「送って!」という方が圧倒的に多いから。
急ぐかどうかはお客さんの事情だから、受ける側は何とか応えたいと思う。しかし、裸のモノをそのまま送るわけにはいかない。もう少し、送り主の側で〈きちんと送れる状態〉にして、お店に来て欲しいと思う。