「うるさいチェンバロ」のぶろっぐは一周年。

この〈ぶろっぐ〉は今日で一周年を迎える。
一番初めにも書いたが、私は以前、某大手プロバイダのユーザーコミュニティに入会してて、この〈ぶろっぐ〉と似たような日記を書いていたことがあった。はじめて自分の日記をアップした途端に、山のように〈はじめまして!〉のレスがやってきたことに驚いてしまった。そして私もレスを返していた。
しかしそれも長くは続かなかった。その頃私は、勤めていた仕事のことでストレスを抱え込んでしまい、落ち込みが激しくなっていった時期で、次第に日記を書くこと、訪問した人にレスを返すことに苦痛を感じるようになった。自分で書いたものをウェブ上で読み直しても少しも楽しめない状態になってしまい、4ヶ月ほどでそのコミュニティを退会してしまった。
その後1年ぐらい経ってこの〈はてなダイアリー〉でブログを始める際に、漠然とだがこの〈ぶろっぐ〉の方針みたいなものを考えてからはじめた:

  • 〈レスをもらうこと〉を自己目的化しない。
  • できる限り、〈思ったことを自由に書く〉ように心がける。

レスをもらうことが目的になってしまうと、日記の文も当たり障りのない方向に流れてしまうし、そうなるとさらに楽しめなくなってしまうだろう。……まあ、私に例えば〈アクセス数 No.1〉になるような日記が書けるわけがない。それならば始めから〈自由に書く〉ことに重点をおいたほうが楽にできるだろう。そう考えてこの〈ぶろっぐ〉を始めた。


やっと一年だが、紙の日記なら続けられたかどうかわからない。続けられているのは、自分の性にあっているからだろう。どのぐらいの方が私の文章を読んでくださっているのかわからないが、当分このスタイルで書き続けるだろう。お読みくださる皆さんにも感謝したい。