この間の思いを吐いたら...

noisycembalo2004-07-27

13時から22時。本来は17時までだったが、夕方シフトの男の子から、今日はどうしても出られなくなってしまったと連絡があり、別に用事もなかったので代わりに入った。14時半ぐらいから夕立で、その間はお客さんも少なかったので、棚の清掃をかなり進めることができた。
今日は思いがけずも、店長と直接話をする機会が持てた。私はこのかんの、仕事についての疑問や不満や悩みを話したのだった。思うように動けないこととか、最近お互いに会話のやり取りが少なくなってしまっているのではないかとか、中心となるシフトの変動もあって、〈自分がやるべきこと〉がうまく位置づいていない思いがある...とか、そういったところの話をした。
店長が言うには、私ははたから見ると何でも抱え込み過ぎてて落ち着きがなく見えるので、ものを頼めないのだと。もう少しゆとりをもって動きができるようになれば、〈次のレヴェル〉の仕事を頼めるのだが、私はまだそこまで到っていないのだと言われた。それをクリアできれば、頼もうと思っている仕事はいっぱいあるし、その用意はいつでもできてる、とのこと。
いまの職場に入ってから、最近は極端にパニックになることもないなと自分では感じていたのだが、他人から見ればそうではないのだろう...。店長と一緒に、昼のシフトのひと(女性。私より10歳下)もその場にいて、彼女からも「自分で自分に要求する仕事のレヴェルをもう少し下げて」「自分に自信をもって、リラックスしてやれるようになれば大丈夫だよ」と、励ましのことばをもらってしまった。(ありがとう!【うれし泣き& ♥ 】)
〈あちゃー!前の職場で指摘されたことと同じこと言われたよぉ〜!!!〉とも思ったが、不思議とへこまなかった。これは前進なのだろう。いや、むしろ次のように考えた―〈問題の所在が分っているということは、すでにそれを解決する方策を手にしているのだ〉と(*1)。こんなふうに考えたのはホントに久しぶりなのだが、何かが自分のなかで変化しはじめているのだろうか?〜まあ、よく分らんが(w)。

(*1)これと似たようなセリフを誰かがいったような気がしたが、誰だっけ??マルクス???え?誰だろう、ほんと。。。
#今日は久々に自転車通勤。BGM は Bonnie Pink の "Bonnie's Kitchen #1" 。バイク通勤では音楽聴けないしな。ボニーさん、やっぱカッコイイ!ちなみに仕事中の〈アタマの中の BGM 〉は YMO の " LA FEMME CHINOISE (中国女)" でした(時々かすかに鼻歌)。