備忘録

  • 日曜日に書店に立ち寄って、辻井喬さんの本を探してみたのだが意外に少なかった。いきなり文庫の上下巻本というのもキツイし、手ごろな「まず初めに辻井さんを読むんだったらコレ」というものって何があるのかな???でも、思潮社の《現代詩文庫》から彼の詩集が出ているのを発見しただけでも収穫だった。
  • 花柳幻舟さんが 《小学校中退 大学卒業》 という本 (明石書店) を出されているようだ。これも店頭でぱらぱらと立ち読みしたが、いつか読みたい。

(*1)「…食事とはこのことかと思った。食事とは人事なので、夕方帰って七輪を起こし、メシを炊きあげ味噌汁をつくり、坐って食べる、この一連のことが食事なのである。茫然たる時をおくっていたぼくにもしこの事がなかったら、それは暮しとはいえないものになっていたかもしれない。」 

(《京城生活の断片、その他》 西順蔵 『日本と朝鮮の間』 影書房・1983年刊 より引用)