いつのまにか焼酎派に。

下関・竹崎市場にて

気がつけば、いつのまにか焼酎派になっていた。理由はわれながら貧乏くさい。

  • 長持ちすること。一升買っておけばひと月はゆうに持たせることができる。
  • 「割る」ことでいろいろと応用が利く(料理には使いにくいが)。
  • 少しの量ですぐ、なおかつ十分に酔えること。などなど

去年の夏ごろまでは専らビール/発泡酒だったのだが、いまの四畳半に引っ越してから、ぱったりと買わなくなってしまった。飲んだ後で出るごみの量が少ない(缶ビールは「飲みかけ」ができないし、飲んでしまったとたんに缶がゴミになってしまう。その点、焼酎は五合パックでも買っておけば、当分ゴミは出ない)ことも魅力(?)か(狭い部屋なのだ。とにかくあまりゴミは出したくない)。......あ、これがいちばん大きな理由かも。。。