最近はやはり、加藤健一です。

今日は休みで、いろいろと片付け事をやる合間に本を読んでた。最近読んでるのが『加藤健一の俳優のすすめ』(劇書房・1984年)という本。3年ほど前に古本屋の[50円均一]で見つけたものだが、折に触れて読み返すと「突き刺さる」フレーズや、「胸に落ちてくる」フレーズに出くわすのだった。「さあ、俺もいっちょ仕事(バイトではあるが)を思い切り"遊んで"見るかぁーっ」という気にもなってくるというものだ(←あまりに単純。この単細胞が!)