年賀状の返事/『世界に一つだけの花』をネタに語る(1)

ここ2〜3年ほど、自分から年賀状を出さなくなってて、てきめんに届く年賀状の数は減ってしまった。しかしそれでも、こんな私にも何通かの年賀状が届いている。ほとんどは学生のころからの友人で、有難いと思う。
実はちゃんと葉書もあって、MS-ワードで版下も作っているのだが、肝心のプリンターの黒インクを切らしてて、お手上げ状態なのだ。純正のものは3千円もして、今の状態では高い買い物だ。そこで某メーカーの「つめかえインク」(これは重宝している)を探しているのだが、これがまた見つからない。実に「言い訳」だが、松の内にはどうも出せそうにない。でもどうかせねば。