杞憂に過ぎるかもしれないが、ふと考え込んでしまった。

街上的角落。

「いかなるときでも感情を持つことは、つねに正しい」というフレーズを思いだした。しかし、誰が言ったことなのかが思い出せないでいる。
「感情の発露」ということについて、最近考えさせられるニュースばかりなので、ちょっと書いてみよう。