今日気になったニュース

  • 朝鮮人犠牲者追悼式に約100人 東京・墨田

http://www.asahi.com/national/update/0901/036.html
今日は関東大震災から80年目を迎えた日。この震災で、当時の軍を出所としたデマで、6000人と言われる朝鮮人が「自警団」という名の日本の民衆の手で虐殺された事実を忘れてはならないでしょう。
80年たった今日、防災訓練は「危機管理」の名の下に、きな臭い「意味付与」がなされつつあります。(「戒厳令」の練習???現憲法下ではそれはできないことになっているようですが。)
いまの東京都知事は日本人拉致問題で「北朝鮮との戦争」を公言してはばかりません。このような都知事と政府のもとで、こと「北朝鮮」となると、やたらに「勇ましく破壊的な」コトバが躍っているいま。80年前の出来事は果たして「過去のもの」になったと、日本人は言い切ることができるのでしょうか?

http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20030901/eve_____kok_____000.shtml
嘉門達夫も見事に歌いこんでいるように、お世話に?なりました「うーん、マンダム」。子供の頃の「遊びネタ」の一つでしたw)
>男くさい風ぼう
という記事の表現も「何だかなー、他にいい表現はないんかいな」 と思いますが、確かにそういえばそう。強烈な印象を残した人たちが一人、また一人とこの世に別れを告げるたびに、「一つの時代の終わり」を感じるようでなりません。合掌。