観る

中津へ〜二人芝居《かもめ来るころ》を観る

昨日は中津まで芝居を観に行った。 中津出身・在住だった作家・松下竜一さん(故人)とお連れ合いの洋子さんを題材にした二人芝居《かもめ来るころ》である。 私じしんは,松下竜一さんの著書はまだ《豆腐屋の四季》と《砦に拠る》しか読んでないが,航空自…

映画と写真展

久しぶりに時間がとれたので,映画と写真展とを観に,福岡まで行ってきました。 ドキュメンタリー映画 《靖国》 (シネテリエ天神) 靖国神社がなぜ問題になっているのか?ナレーションは一切なしで,観る人に「自分で知り,考えていく」ことを促させる映画…

佐藤卓「日常のデザイン」展

せっかくの遠出なので、イムズで開かれている*1、佐藤卓「日常のデザイン」展を観る。 この催しも新聞で知った。様々な商品デザインを手掛けている方で、「あっ、そういえばこんな商品もあったな」という発見も多々あり。 それ以上に、作品のひとつひとつに…

《三池 終わらない炭鉱の物語》

新聞で紹介されてたので、気になっていた映画*1。 映画の中心となるのは〈総資本対総労働の対決〉といわれた、1960年前後の三池闘争の当事者たちへの取材だろう。闘争が家族ぐるみ・地域ぐるみで闘われ、会社側の切り崩し工作も熾烈を極めた。第2組合の結成…

ハチクロつながり・フィルムマラソン(4)

《スクラップ・ヘブン》 観てから時間が経ってしまいましたが、覚え書きとして。 過日、コメントを下さった青少年さんから教えて頂いた作品。加瀬さんとオダギリさんの共演。 ここではストーリーの詳細は書かないけど、シリアスな造りながら、途中までは喜劇…

ハチクロつながり・フィルムマラソン(3)

観てから時間が経ってしまいましたが、覚え書きとして。 《リリィ・シュシュのすべて》 蒼井優さんの映画初出演 (主演ではない) 作品。 観たあとでやりきれなさが残った。登場人物たちの日常はだらだらと続いていくし、続かざるをえないと感じる重たさが残っ…

ハチクロつながり・フィルムマラソン(2)

今日は《花とアリス》を観た。 蒼井優さんと鈴木杏さんが出演してて、監督は岩井俊二。岩井さんの作品観るのって、初めてなのだ。 岩井さんって、ディテールに凝るひとなのかな。冒頭に登場する電車の駅名がまんが関連の名前で、一瞬「おおっ」と思い、「こ…

ハチクロつながり・フィルムマラソン(1)

ハチクロつながりで他の作品も観てみたい 《恋は五・七・五!》と、《花とアリス》。 今日は《恋は五・七・五!》を観る*1。まんがチックな、ベタな展開がいい方向に働いてると思う。つっこめば「?」なところはいくつかあるが、そこは大目にみよう。いいな…

初めてオダギリジョーを観た

《時効警察》なかなか面白い。現実にはこんな職場/こんな警官ねーだろー!だけど、オダギリジョーのキャラクターがいい。これで安心して観てられるとゆーか。男のなごみ系キャラとゆーか。ていうか、初めてオダギリジョーを観た*1(爆)。こんな役者なんだ。 *…

映画《ハチミツとクローバー》実写版

全休。映画版の《ハチミツとクローバー》を観に行く。 原作の既刊分を読み終えずに観に行くのも何だかなとも考えたが、せっかくの機会だ、後で〈小さな画面〉で観るより、映画館で観たかった。 先週末の封切り当日は勤務のはざまだった。翌日は雨降りで動け…

映画《日本国憲法》を観る

〈憲法改悪に反対する会・北九州〉が月一回で開催する憲法連続討論会へ参加。今回は討論ではなく,その名も《日本国憲法》と題された映画が上映された(監督:ジャン・ユンカーマン)。 日本国憲法に盛り込まれた内容の先駆性や,その世界史的な意義を日本や…

久しぶりに映画を観にいく

久しぶりに映画を観にいった。小倉の昭和館2。 《パッション》 と、 《グッバイ!レーニン》 の二本立て。もともと 《グッバイ!レーニン》 を見たかったのだが、二本立て1000円だったので、元を取らなきゃと2本とも観る。 《パッション》 は題名どおり、イ…