覚え書き

忌野清志郎さん逝く

新聞で知る。忌野さんと言えば,私がまず連想するのは《いけないルージュ・マジック》である。 当時,派手なメイクをしてたので,私の父は「気色悪い」などと言っていたような記憶があるが,私は密かに「カッコいい」と思ったものだった。 RCの《サマーツア…

追悼・ばってん荒川さん

10月22日、ばってん荒川さんが亡くなられた。 私は熊本市の生まれ育ちだが、熊本の人で荒川さんの名を知らない人はまずいないのではないかと思うほど、長きに渡って人気があり、親しまれた芸人さんだった。 私も、小さい時から、TV やラジオで荒川さんが扮す…

映画館で観た映画リスト

映画館で映画を観るのって、私にはそうあることではない。物心つくようになってから映画館で観た映画をリストにしてみたい。 遥かなる山の呼び声 小学校4年ぐらいだったろうか。父がこれを観たくて連れてかれた覚えあり。高倉健と倍賞千恵子が出てたかな。 …

ナガリ書店の閉店に思う

昨日、文具店をはしごしたついでに魚町銀天街を歩いていた。 銀天街のなかにあるナガリ書店に行くと、シャッターが閉まっていて、そこには〈閉店〉を告げる貼り紙が貼られていた。先月に2度立ち寄った際には、いつもと変わらない様子だったので、未だ私は閉…

訃報ー茨木のり子さん

今日、ウィキペディアのトップページで、詩人の茨木のり子さんの訃報を知った。(2月19日逝去) 私の手元には、思潮社〈現代詩文庫〉版の《茨木のり子詩集》がある。私事になるが、5年前に大きな失恋をしたあと、たまたま手にしたものだ。 その後、彼女の詩の…

N先生の思い出

長い文章になるかもしれないが、きょうは、私が中学1年のときにクラス担任を受け持たれたN先生のことについて書きたい。 中学に入って最初のクラス担任だったN先生は、当時で60歳は越えていたと思う。正確な年齢はもう覚えていないが、そのぐらいではなか…

「うるさいチェンバロ」のぶろっぐは一周年。

この〈ぶろっぐ〉は今日で一周年を迎える。 一番初めにも書いたが、私は以前、某大手プロバイダのユーザーコミュニティに入会してて、この〈ぶろっぐ〉と似たような日記を書いていたことがあった。はじめて自分の日記をアップした途端に、山のように〈はじめ…

豊田直巳さんの写真展に関わって

先週の日曜日(6月13日)まで、私の住む北九州では写真家の豊田直巳さんの写真展 《イラク・戦火の下の子どもたち》 が開かれていた。 会期途中から私は体調を崩してしまったため、分担していた作業も完成させることができず、会場にも足を運べなかったため…

日朝関係の平和的克服―講演を聴いて

昨日、福岡市で『私たちの住む北東アジアを戦場にしない〜日朝関係の平和的克服を目指す講演会』があり、聴きに出かけた。主催は当地でさまざまな市民運動に関わる人々による実行委員会。 立教大教授の李鍾元(リー・ジョンウォン)さんと、九州大助教授の出…