北九州市戸畑区にて,海辺でのFM局の聞こえ具合

朝から,小倉→戸畑渡場まで自転車で走りました。

渡場横の公園で,FMの周波数帯(76〜108MHz)を,どんな放送局が聞こえるか探ってみました。

中国語のFM局数局・韓国のFM局1局,Eスポが出ているのを確認しましたが,局名の確認には至らず。中国語局は大陸なのか,それとも台湾か???(追記:90.9MHzの局は台湾の「貓貍廣播電台」と確認できました。他の局も台湾のFM局だと思われます。)

驚いたのは,遠く福岡から山口県美祢市あたりまでのFMの電波が多数受信できたことです。福岡市近郊の電波がどうやって伝わるのかが興味深いところ。やはり大きく海でつながっているのかなぁと感じます。88.2MHzの AIR STATION HIBIKI は北九州市若松区にあるコミュニティFM局で,小倉北区では聞こえませんが,さすがに戸畑区まで来るとはっきり聞こえます。

受信日時:2017年5月27日 09:30〜10:10JST

受信機:TECSUN PL-380

アンテナ:付属ロッドアンテナ

受信地:福岡県北九州市戸畑区北鳥畑町

周波数(MHz) 放送局名 備考
76.1 LOVE FM(福岡)  
76.4

COME ON! FM(山口県下関市

CFM
77.0 CROSS FM(北九州) 地元局
77.7 FM山口(下関)  
78.5 FM KITAQ(北九州市小倉北区 CFM
79.2 FM山口(山口)  
80.0 FM福岡(北九州) 地元局
80.7 FM福岡(福岡)  
81.5 NHK-FM山口県美祢市  
82.2 NHK-FM(門司)  
82.7 LOVE FM(北九州) 地元局
83.1 NHK-FM(下関)  
83.3 NHK-FM山口県宇部市  
83.6 NHK-FM(行橋) 信号弱・雑音多
83.8 NHK-FM山口豊田) 信号弱・雑音多
84.1 FM福岡(宗像)  
84.8 NHK-FM(福岡)  
85.3 NHK-FM(山口)  
85.7 NHK-FM(北九州) 地元局
86.4 山口放送長門または美祢) FM補完放送 
88.2 AIR STATION HIBIKI(北九州市若松区 CFM
88.6 FM山口宇部 信号弱・雑音中
89.1 中国語局 混信
90.1 中国語局 女声CM
90.7 中国語局 男女トーク
90.9 貓貍廣播電台(台湾) 方言のあと,標準中国語で局名アナウンスを確認できた。
91.3 中国語局 台湾(?)
91.5 RKBラジオ(北九州)

地元局 FM補完放送

92.1 中国語局 女声・英単語混り
92.3 山口放送(下関) 意外に雑音多
94.0 KBCラジオ(北九州)

地元局 FM補完放送

95.9 釜山文化放送(韓国)

国民健康保険CM,番組名「女性時代(여성시대)」を確認。

97.3 中国語局 女声・方言
99.1 中国語局 男女・雑音多

遠距離受信は夕方が狙いめ?

f:id:noisycembalo:20161117165326j:plain

一日中部屋にいても気がふさぎがちになるので,求職活動の合間ですが,夕方の時間帯にラジオを持って外に出るようにしています。今日も三萩野公園へ行きました。

16時台前半には,国内の中波局がかなり聞こえているのに気づきます。

意外なことに,夜間では受信が難しい局がかえって夕方にはっきりと受信できることに気づきました。当地(福岡県北九州市小倉北区)の場合で挙げると,CBCラジオ(1053kHz),文化放送(1134kHz…同じ周波数に高出力の韓国局があり,夜間は潰されることが多い),KBS京都(1143kHz),北海道放送(1287kHz),アールエフ・ラジオ日本(1422kHz)などです。

今日は「ラジオ番組表・2016年秋号」の「最新版・全国放送局周波数リスト」をアンチョコに,高い周波数(1602kHz)から低い周波数に向かってダイアルを回し,聞いてみました。すると複数の民放局が重なっている周波数があることが分かりました。一部記述を端折りますが,例えば;

864kHz:北海道放送福井放送ラジオ沖縄

900kHz:山陰放送高知放送

1098kHz:ラジオ福島信越放送大分放送

1107kHz:北陸放送南日本放送

1116kHz:新潟放送南海放送

1431kHz:ぎふチャン和歌山放送

などです。この場合,悩みは混信です。例えば韓国語と日本語の混信であれば,内容の聞き分けが多少はできますが,日本語同士の混信だと「あれ?これはどっちの局だ?」と判別が一気に難しくなってしまいます。微弱な局同士,同じように入感しているように聞こえる局同士,どっちも判別が難しいです。先日のように,宮崎放送(936kHz)を受信していたつもりが,いつの間にか聞こえていたのは,じつは秋田放送だった…ということも起こり得ます。

いっそのこと,TECSUN AN-200(中波用ループアンテナ)も持って行こうか…と思いますが,ちょっとした荷物になってしまうので,まだ持ち出すに至ってません。

まぁ,遠距離受信の狙いめがまたひとつ分かりました。15:30ぐらいから聞き始めるのも良いかもしれません。当地ではいま,17:30になると日暮れです。これから冬至に向かって,受信のし甲斐があるというもんです。

長いこと使ってなかった DEGEN DE1103(旧 PLL バージョン)を,最近使ってます。以前紹介した ELPA ER-C57WR も意外に使える受信機だなと思いますが,感度では DEGEN DE1103(旧 PLL バージョン)のほうがやっぱり上ですね。

現在の DE1103 は DSP 機になってしまいました。DSP 機は中波の遠距離受信が苦手な印象をもってしまっているので,食指が動かないです(それ以前に買えるだけの余裕がそもそもありません(笑))。いま開発途中だとされる DEGEN DE1108 に期待しています(その頃には新しい仕事も決まっていることでしょう)。DE1106 のように事実上の限定生産品にならないことを祈ります。

秋田放送よりベリカード届く

秋田放送からベリカードが届きました。

対応の速さに感謝いたします (^^)

普段聞こえない局からのベリカード,頂くとうれしいものです!

f:id:noisycembalo:20161114124158j:plain

Kchibo D92L

2013年の秋に購入した,Kchibo D92L です。

今年の初めに,液晶のセグメントの表示が欠けてしまい,かなりがっかりしました (´・ω・`)ショボーン

私は修理技術がないので,こうなったらもうお手上げです。受信性能には問題ないんですが,ディスプレイの表示は,周波数を読むのに欠かせません。

しかし一月経って,表示がまた復活し,それからは今のところ問題なく表示できています。

夏は少々持ち歩きにくいのですが,これからの季節はジャンパーのポケットにちょうど良く収まる大きさです。また,薄型の機体でもあります。なので,私にとっては冬〜春用のお散歩ラジオです。

f:id:noisycembalo:20140611190416j:plain

しかも短波も聞けます。

中波,短波…さすがにシビアな遠距離受信はできませんが,そこそこ楽しめる感度です。

FM…TECSUN PL-380 あたりと比べて,少し感度は落ちるかな?という感じですが,それでも感度は良いほうです。さすが DSP 機。

f:id:noisycembalo:20140615153049j:plain

上の画像で循環のサークルの中に「10」と書かれているのは,何を表している記号なんでしょう?中華ラジオにはこの記号が入っていることがあります。

その下の「CCC (小さく)S&E」という記号は,どうも日本でいうところの「JISマーク」を表しているようです。

f:id:noisycembalo:20140615153025j:plain

 

11月9日,夕方に秋田放送を受信

昨日(11月9日),夕方に DEGEN DE1103 (旧バージョン)を持って,近くの三萩野公園(北九州メディアドーム)まで行きました。DE1103 は一応ポータブル機ですが,お散歩ラジオとして持ち歩くには大きすぎるので,長いこと外に持ち出しはしなかったのです。

16:30頃から,936kHz の宮崎放送に狙いを定めて聞き始めました。おそらく同じ周波数に韓国のラジオ局が出ていて,完全にかぶっています。韓国語のほうが電波が強く,入感は 6:4 か 7:3 の割合で韓国局が優勢の状態。聞き取りにくいったらありゃしませんでした。たぶん日本語×日本語の混信だったらお手上げだったかもしれません。

それでも宮崎放送を追ってたのですが,16:50に「お誕生日おめでとう」という番組が始まったようで,注意して聞いてたら,読み上げられる地名が明らかに宮崎…いや,九州ではない地名なので「んんっ!」と思いました。番組の後に「ABSラジオ」というアナウンスがあり,「えっ!どこの局?」と一瞬慌てました(笑)。

その後ニュースや天気予報になり「秋田空港は…」と聞こえたので,えっ!秋田!すげぇ!とびっくりしました。九州で東北地方の放送を受信するのはかなり難しいのです。それが短時間ですが混信を抑えて入感したのですから,いやぁ嬉しかった。電波ってすげぇなと思いました。

東北地方の放送を受信したのは東北放送(2009年5月25日 0100〜0137JST)に次いで2度め。しかも秋田放送の出力は5kWと小さいのです。

受信記録をメモってたので,家に帰って受信報告書を書いて,昨日のうちに秋田放送へ郵送しました。返信が楽しみです (^^)

f:id:noisycembalo:20161109164956j:plain

DEGEN DE1105(愛好者5号)

2013年の夏に購入した,DEGEN DE1105(愛好者5号)です。

DE1103 より品番は上なので,上位機種…ってことにはなるんでしょうが,思った以上に感度が良くなかったです。短波はこんなものかと思うくらいの感度ですが,FM と中波の感度がまぁお話になりません。もう少し感度が良かったら,外にも連れ出し甲斐があるというもんですが。遠距離受信には不向きです。操作系はそれなりに工夫がされているだけに,残念です。

DEGEN社のサイト(Googleでは危険サイトと判断されているようですが)でも,かなり以前から「停産」(=生産終了)との表示がなされていましたが,いまだに商品ラインナップには上がっているようです。何で…?

もはや入手困難と思われますが,メモとして上げておきます(^^)

f:id:noisycembalo:20161017161611j:plain

DEGEN DE1108が開発途中?

DEGEN社のサイト(モバイル版)より。
どうも DE1108 が開発途中で一定の段階に達している?らしい。また、「愛好者」シリーズの頂点となるべき製品を目指している…とも。訳はあやふやなので、もし違ったらすみません。
...70% か。世に出るにはもうしばらく時間がかかりそうですな。

f:id:noisycembalo:20161014083151j:plain



f:id:noisycembalo:20161014083215j:plain



f:id:noisycembalo:20161014083230j:plain